ナマケモノ主婦の子育てアレコレ

子育てに関する事をアレコレと綴ります

乳児アトピーには保湿が重要!適切に薬も使おう!

生後4ヶ月の姫を持つナマケモノ主婦です。

湿疹がひどく出たため、アトピーを疑いアトピーノイローゼになりかけました。

そこで、その時に乳児アトピーを調べに調べまくったので、まとめてみました。

 

アトピーを疑うきっかけ

何故アトピーを疑ったかというと、生後2週目あたりから顔に湿疹が出来始めました。最初は、赤ちゃんとは湿疹が出るもの!と思っており、深くは心配していませんでした。市販のベビーローションを塗って様子を見ていました。が、日に日に範囲が広がり、頬は赤く腫れ上がり皮膚が硬くなりました。首も真っ赤に湿疹だらけ、耳はグジュグジュと液が出てる状態に。

1ヶ月検診で医師から、湿疹の薬出そうか?ステロイドと言われ、産まれてまだ1ヶ月の赤ちゃんにステロイド使うなんて怖い!と思い、拒否。保湿で頑張りますと返答しました。これが間違いの元でした。 1ヶ月半頃、少し頬の湿疹が落ちつき、柔らかくなり安心をしていたところ、今度は、お腹や足に湿疹が出てきました。

ちょうどその頃、ネットで乳児湿疹をしっかり治さないとアトピーになるという記事を見つけました。また、月齢の近い友達の赤ちゃんに会った時に、顔も体もツルツルで自分の子供との違いに驚きました。赤ちゃん=湿疹と思い込み過ぎ、湿疹のある状態を長引かせ過ぎました。

 

乳児アトピーとは

湿疹が良くなったり、悪くなったりを繰り返して、1ヶ月以上その状態が続くこと。

主に生後1、2ヶ月から湿疹が見られ、最初は頭や顔に出ます。その後、お腹や腕、足など下降していき、離乳食が始まる時期にピークとなります。

乳児湿疹とアトピーでは、外見上見分けをつけるのが難しいと言われています。その為、月齢が低い場合にはアトピーも含めて乳児湿疹と診断されます。

 

次の4つのうち、3つ以上が当てはまるとアトピーと診断される事が多いようです。

  1. 今現在、肘、膝の屈曲部、頬、四肢外側の何処かに湿疹がある
  2. 肘、膝の屈曲部、頬、四肢外側の何処かに湿疹の既往歴がある
  3. 皮膚乾燥の既往歴がある
  4. 一等親以内にアレルギー疾患の既往歴がある

 

どちらかの親がアレルギー疾患を過去に持っていた場合、50%の確率で子供がアトピーになります。両親の場合は70%。更に、産まれた時期によりアトピーになる確率も違ってきます。12ヶ月のうち、11月産まれが最もリスクが高くなります。

またアトピーといっても、アレルギーが原因でアトピーの症状が出る場合もあります。その場合、アレルゲンを取り除く事で症状は落ち着きます。

 

実際に受診をしてみて

生後2ヶ月の時の3人の医者の見解

(小児科医は元々他の事でかかっていました。湿疹の為に受診した訳ではありません)

  1. 町の皮膚科医    まず、両親のアトピー既往歴を聞かれ、ナマケモノ主婦と夫は小さい頃アトピーだった為、回答すると、赤ちゃんの顔を見ただけで、乳児湿疹ではなく、アトピーだね。と診断。
  2. 総合病院小児科医   アトピーがどうかはまだわからない。赤ちゃんは湿疹出るからね〜 ステロイド塗って様子見て!
  3. 町の小児科医  アトピーまたはアレルギーの可能性があるね。今はステロイドと保湿で様子見て、10ヶ月頃に血液検査でアレルギー検査をしよう。

 

まずは薬を使って炎症を抑える事が大切

ステロイドを避けていたが為に、症状を長引かせてしまいました。 アトピーには薬を使用する事が大切です。保湿だけでは良くなりません。炎症をしっかり鎮め、そして保湿で肌をバリアしてあげる事が重要となります。よく、ステロイドを塗ると肌が黒くなると噂されますが、それはステロイドが原因ではなく、炎症の赤みが原因です。日焼けと同じようなもので、赤みが強いと色素沈着して黒くなる事があります。時間が経てば、元に戻ります。色素沈着させない為にも、早めのステロイド使用が大切です。

 

アトピー対策

  1. まずはスキンケア!                                             保湿を充分に塗りましょう 。保湿剤は1日3回から4回程塗ります。入浴後は5分以内がゴールデンタイム。5分を過ぎると肌の水分が蒸発していきます。入浴は低めの温度38度程度で5分以内。長く浸かってはいけません。
  2. 湿疹の酷い時はステロイド                              ジュクジュクして痒い時、炎症の強い時は医師の指示通りにステロイドを使用しましょう。
  3. 肌着は木綿で肌への刺激を減らす             肌に触れる物は木綿が良いです。また、洗濯の際も漂白剤等は避け、すすぎを長めにし残留洗剤に注意をしましょう。
  4. ダニ、ホコリ対策も大切                            敷布団や掛け布団にも掃除機や布団乾燥機を使いましょう。毛のあるペットは避けましょう。
  5. 悪質なアトピービジネスには注意!       ネットで出回っているアトピービジネスには注意をしましょう。だいたいが作り話です。高価な商品には気をつけましょう!

 

80%の赤ちゃんが2〜3歳までには軽快に向かう

8割以上の赤ちゃんは年齢が上がれば、肌が強くなり免疫がつき症状が良くなります。 そのため、乳児アトピーは心配しすぎない事が大切です。後1.2年で良くなるんだ、心配要らない!と気持ちにゆとりを持つ事が大切です。

 

スキンケアにオススメな商品

保湿に必要なセラミドが5種類入っている保湿剤。アトピー診断を受けてから使用しています。1日に何度も保湿をするのって意外と大変です。赤ちゃんて暴れてきちんと塗らせてくれない! この商品は伸びが良いローションタイプの為、暴れてても塗りやすい!時間があまりかかりません。 オススメはボディーローション。ボディーミルクはアトピー対策には不向きです。間違ってもボディーミルクは買ってはいけません! また、ボディーローションでも、ボトルにはボディーミルクって表示されてる。謎。ですが成分表を見れば、ボディーローションにはミルクが含まれてないので、そこで確認が取れます。

 

.entry-content { font-size:16.5px; }