ナマケモノ主婦の子育てアレコレ

子育てに関する事をアレコレと綴ります

離乳食教室に行ってみた 生後8ヶ月

生後8ヶ月の娘がいるナマケモノ主婦です。

市で開催している離乳食教室に行ってきましたので、報告レポします。

離乳食教室に参加しようか、どうしようかな〜という方の参考になれば幸いです。

 

離乳食教室の申し込みはいつ?

ナマケモノ主婦の住んでいる市では、4.5ヶ月検診の際に、離乳食教室の紹介があります。そこで、離乳食教室への出席可否を確認されます。

ナマケモノ主婦の市では離乳食教室では、実際に調理し親子で食べるというものなので、赤ちゃんの食べ具合を見たいので、基本的には全員参加でお願いしますと言われました。

 

当日の持ち物

エプロン

筆記用具

赤ちゃんのスプーン

その他赤ちゃんに必要な物

 

離乳食教室

10時より市の施設で調理室で行われました。

当日、参加は8組。7〜8ヶ月のお子さんが対象のため同月齢のお子さん達が集まりました。

まずは、レシピの紹介から始まります。

 

献立

大人

  • カツオのサルサソースかけ
  • ジャガイモとひき肉のカレー風味煮込み
  • ほうれん草とひじきのサラダ
  • すまし汁
  • ごはん

 

子供

  • カツオ
  • ほうれん草とひじきのお浸し
  • 7分粥

 

子供のメニューは調理中に大人から取り分けます。 離乳食教室では、ほぼ調理師さんが下準備をしてくれています。その為、親は最後の仕上げだけ! 料理が苦手でも問題ありません。

多少の切る、炒める、混ぜるくらいの事で、料理という料理はしませんでした。

 

調理実習が始まると、子供達は保育士さん2名が遊んでくれます。が、人見知り&後追いの時期。どうしても泣いてしまう子は、親がおんぶするという形になります。

 

料理が出来上がると全員で食事の時間。赤ちゃんを膝の上で抱っこをし、親子で食べます。

その際に、栄養士さんが赤ちゃんの食べ具合を見てくれ、アドバイスを沢山くれます。

 

普段の生活での疑問点を色々と質問出来るので、離乳食への不安が無くなります。

 

料理が苦手だしなーと悩んでる方も、心配要りませんので、是非離乳食教室に参加してみて下さい!

 

 

 

 

.entry-content { font-size:16.5px; }